確実に退職!若者から歓喜の声

会社を辞めたい理由は、人によりさまざまあることでしょう。
転職するのは一昔前までは、一大事なことで家族全員で大騒ぎするような
重要なことでした。

 

退職代行サービス

 

しかし、近年では昔のように
一つの会社で定年を迎える時代では完全になくなりました。

 

嫌なら辞めて転職すればいいと簡単に考えて実行する人が増えてきたのでしょうか。

 

仕事に苦しみがあるのは毎日のことなのでとても辛いです。

 

数年前から転職することにネガティブな感じがなくなり、
転職とはポジティブな行動と思われるようになり次々と転職する人が増加することになりました。

 

自分の可能性を試したいけど、情に訴えられたり、昇進の邪魔されている、
悪質なパワハラ、セクハラを受けているなら迷う必要はありません。

 

心身ともに調子を崩す前に、退職代行サービスで、しがらみを断ち切りましょう!

 

退職理由ランキング

1位:給与や福利厚生が良くない
2位:職場の人間関係が良くない
3位:休日や残業時間などの待遇が良くない
4位:仕事内容にやりがいを感じない
5位:会社に安定性、将来性がない
6位:仕事を正当に評価してもらえない
7位:経営理念や社風が合わない
8位:職場環境が悪い
9位:希望の勤務地でない

引用:マイナビ転職

 

退職ランキング

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった
2位:労働時間・環境が不満だった
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった
4位:給与が低かった
5位:仕事内容が面白くなかった
6位:社長がワンマンだった
7位:社風が合わなかった
8位:会社の経営方針・経営状況が変化した
9位:キャリアアップしたかった
10位:昇進・評価が不満だった

引用:リクナビNEXT

 

上司からのパワハラ、セクハラ!
同僚からの嫌がらせを受けて仕事がやりにくい!

 

セクハラ対抗

 

こんな会社辞めてやるー!
なのに、引き留めや、嫌がらせ、露骨な怒り!が怖くて
本当は早く退職したいのに「怖くてなかなか言い出せない人」に人気のサービスがあります。

 

その名も「退職代行サービス」です。
退職できない人の代わりに、退職したい意思を会社に伝えてくれるのです。

 

ここまで聞くと、困った人を助ける崇高な仕事なのですが、
退職代行サービスには、悪徳業者が潜んでいることが多いようです。

 

早く退職したいあまりに
退職代行業者を適当に選ぶと、後々大変なことになる場合があるので注意が必要です。

 

そんな悪徳業者と契約してしまうと追加料金が発生したり、
「業者に頼めると思っていたことが自分でやる」ようになってしまったりと、
後で大きなトラブルが発生し損害を受けるケースもあるようです。

 

「こんな目に合うなら会社を辞めなかった方が良かった」とならないように、
信頼できる業者選びのポイントを確認しておきましょう。

 

退職代行サービス業者のポイント

 

一般的な退職代行サービス業者は、会社との交渉をすることができません。
あくまで使者(本人が既に決めた意思を相手に伝達するだけ)としての役目だけなのです。

 

退職代行が聞いて呆れます。
実に頼りのない話に思えます。

 

そもそも会社との交渉が一切必要なく退職できるケースなんて多くはないはずです。

 

一般的に交渉が発生しそうな要件

・有給休暇を全部消化
・未払いの残業代請求
・自己都合の通常退職金請求
・離職票の発行
・会社支給品の返却方法

 

ということは、一般的な退職代行サービス業者が交渉なしで
退職手続きを完了できるのは、以下の点で少し怪しいと思われます。

 

退職悩み

 

1.非弁行為を行っている(弁護士でないのに交渉している)
※簡単にいうと弁護士でない人が交渉をしてはいけないということ。

 

一般的な業者の交渉は、以下の通り(非弁行為)に該当し違法行為となっています。

 

弁護士法 第72条
「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」

 

2.本人の意思とは違う内容で退職の話を進めている
(交渉なしで退職できるような条件に変えられている)

 

3.実際の交渉は、自分でやらされる
(残業代、有給休暇消化、退職金、離職票発行等で自分が電話をすることになる)

 

全部こちらでやります!
とか言いながら、いざ交渉事になると・・・

 

自分で電話してください!非弁行為になりますから当たり前ですよね!
と言われるケースです。

 

退職代行サービスを利用するにあたり、最も頼りにしている事じゃないでしょうか。
一番自分でやりたくないところですよね?

 

会社と交渉なんて!
だから退職代行をお願いしているのに・・・

 

ここを自分で交渉するのなら退職代行を使うメリットが半減してしまいますので、
退職代行業者を選ぶにには、交渉可能な業者なのかを、
しっかりと確認するべきだと思います。

 

では、どうすればいいのでしょうか?
会社と交渉ができる「弁護士」もしくは「合同労働組合運営」の業者にすることなのです。

 

このいずれかの業者でなければ、会社と交渉ができないことに気をつけましょう。

 

・別途交渉代として追加料金発生する可能性あり
(退職代行業者が弁護士に依頼する費用を請求される)

・勝手に会社と交渉されてしまい後々トラブルになる可能性あり
(会社側から交渉のことで突っ込まれたり、こちらが伝えた退職条件が変わってしまっている)

 

最初から交渉ができる退職代行サービス業者でも、
非弁行為以外のトラブルも多数あります。

 

退職代行サービスを利用する際は、
「自分がやること」と「代行してもらえること」、
「追加料金が発生するケース」を事前に確認し、
信頼と実績があり、かつ知名度もある業者とするのが安全でしょう。

 

念願の退職をすることができても、
後から高額な請求書がきたりトラブルに巻き込まれてしまうのは勘弁ですよね。

 

ガーディアン
4.5

東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合です。

退職代行という労働問題において一般法人と弁護士の強みを”唯一”持つ存在です。

労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます。

 

【安心・確実】
東京都労働委員会に認証されている
法適合の合同労働組合なので違法性がなく安心・確実に退職できます。
さらに!退職者の状況や意向を尊重し円満退職へ導いてくれるのが人気の理由です。

 

【即日対応(相談日から出社必要なし)】
相談した当日から出社する必要がありません。
退職希望者の都合に合わせて調整してくれるので、
可能な範囲ですが休日や深夜でも対応可能で安心です。

 

【追加料金は一切なし】
雇用形態、地域、年齢などにより料金は変わりません!
もちろん、連絡回数・連絡時間帯・難易度なども関係なく単純明快、
すべての人が一律料金で追加料金は一切ありません!

 

【会社や上司への連絡の必要なし】
独裁社長やパワハラ上司と話す必要がないので、ストレスや不安を感じなくて済みます!
退職届の提出や貸与品の返却も郵送対応で処理することも可能です。

 

【交渉可能】
合同労働組合は、
一般的な業者と異なり代理の交渉ができるところが強みでもあります。

 

【退職保障】
退職実績は100%です。
辞められないというケースは過去一度もなく絶対的な信頼度があります。
しかも力任せでなく円満退職を基本としているので、
正しく法律に則って交渉してくれるので安心です。

うるさい会社の場合でも団体交渉に持ち込み確実に退職へと導いてくれます。

 

【相談から退職までスマホだけ】
申し込みから退職まで、3ステップだけです。

1.スマホで連絡(ライン等)
2.クレジットカート又は銀行振り込みで支払い
3.退職に必要な連絡と交渉を退職が完了するまで繰り返してくれる。

退職希望者からの相談は、電話やLINEにて回数無制限で可能なのが嬉しい。

 

【メディア掲載実績が多い】
豊富なメディアが話題に取り上げているので信頼できる。

 

【東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が運営】

 

退職できたとしても
退職代行とのトラブルになってしまうのは、絶対に避けましょう。

 
退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合で
一般法人と弁護士の強みの両方を持っている唯一の存在です。

 収入の少ない若者に応えるべく低費用設定で人気爆発してます!

スマホだけで申し込みから退職するまで済むのも見逃せません。

  
くれぐれも安いからと即決せず条件や保証してもらえる範囲をキッチリ確認し、
お互いに誤解のないように申し込まれるようお気を付けください。

 

NEXT
4

<弁護士サポートの退職代行サービス>
弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、
法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、
有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。

また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能です。