伝染する行動

ミラーニューロン

人間の脳には、他人の行動を見ただけで
まるで自分がその行動をしたかのような状態になる性質があるそうです。

 

実際に物を握っていなくても、
物を握っている人の動作を観察していると、
脳は物を握ったときと同じ状態になるということです。

 

つまり脳は、自分では意識しなくても、
他人のしぐさをまねるようにできているのです。

 

これらの現象のことを、
相手の行動が鏡に映るような現象に似ているため、
この神経群を「ミラーニューロン」と言うそうです。

 

仲がよくいつも行動を共にしている人の
しぐさや話し方が似てくるのもミラーニューロンによるものなのです。

 

もし、気になる人がいて、ちょくちょく見てしまっていると・・・

 

脳に嘘はつけません。

 

 
 

 

無意識のうちに、しぐさや話し方が似てしまい
いつも見ていること(意識している)がバレてしまいます。

 

あなたの近くに、自分と「しぐさや話し方が似ている人」がいませんか?

もしいるなら、あなたはいつも見られていることになり、
「好意を持たれている」または「尊敬されている」可能性が高くなります。

 

で、このことを仕事で考えても同じになります。

 

仕事を「すぐやらない人」が近くにいたとすると、
ミラーニューロン現象から「すぐやらない人」が増えてしまうことになります。

 

もちろん、その逆もありますけど。

 

ちなみに、ミラーニューロンは、視界に入る相手の行動を
自分に置き換えながら相手に共感したり、
気持ちを理解しようとも働くそうです。

 

かなり強力に作用します。

例えば、部署の半分が「すぐやる人」とします。
するとミラーニューロン現象で、近いうちに
「ほぼ全員がすぐやる人になる!」のです。

 

おー!
これは凄い効果ですね。

 

あの人には期待していたんだけど
「もう染まってしまったよ!」なんて、
よく聞きましたが「ミラーニューロン現象」によるものかもですね。