働き方改革と通院

年5日の年次有給休暇取得が義務化

最近よく耳にする「働き方改革」って何でしょう?
今まで全く興味もなく気にしていなかったですが、年次有給休暇の話が絡んできたので少しだけ調べてみることにしました。

労働者に有利になる内容なのでしょうか。
気になってきました。

「働き方改革」とは、働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で「選択」できるようにすることだそうです。

この働き方改革を確実に実現させるために「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立し、2019年4月1日から働き方改革関連法が
順次施行されているそうです。

 

会社から、そんな説明ないし知りませんでしたよ。
なに!?もう施行されてんのって感じです。

 

で、その中の一つが「年次有給休暇の確実な取得」ということみたいです。
年次有給休暇の確実な取得は、全ての企業において義務化となります。

 

しかし、対象となる条件?範囲があります。(全ての企業が対象ですが全ての人ではない)

参照:厚生労働省「働き方改革」の実現に向けて

 

<ポイント>
年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者(管理監督者含む)に対して、年次有給休暇の日数のうち年5日については、使用者が時期を指定して取得させることが義務付けられました。
(年次有給休暇を付与された日から、1年以内に5日を取得すること)
と、言う内容のようです。

ここで分からないのが「使用者が時期を指定して取得させる」です。

 

結局は、労働者は使い捨ての駒か!会社の言いなりかよ!(使い捨てでもマスクは格上になった)
働き方改革なんてものは、こんなもんか!

 

平常心です。
短気を起こさず、もうちょっと調べてみますか。

 

この「使用者が時季を指定して取得させる」には、何パターンかあるようです。

会社が、従業員に年次有給休暇を確実に5日取得させる方法を選択するのです。
と、いうことは会社の方針しだいで従業員の対応が変わるということです。
(自分の勤めてる会社の方法を知らない無関心な私)

 

 

それにしても「使用者が時季を指定して取得させる」・・・言葉チョイスわるくないですか?
直感的に押し付けられているような、自由度が感じられない、勘違いされやすいですよね。

しっかり読めば意味を納得できますが最初の印象わるい。

年次有給休暇の取得方法

【労働者自らの請求】
自分の好きな時に休暇を取る
従業員に任せきりの場合(これだけだと、付与日から1年以内に5日を取得しない人がでる)法律に違反してしまう可能性高い

 

【計画年休及び使用者による時季指定】
計画年休は、労使協定を締結すれば計画的に取得日を決めて年次有給休暇を与えることができる。
(夏季休暇や大型連休の間にある出勤日に有給休暇を割り振り、更に連休にする)

やっかいなのは、年5日を計画的付与にしてしまえば、確実に取得させることができるが、労使協定が必要になるので面倒くさい。

 

【一定期間までは従業員に任せることにし、5日の休暇を取得していない従業員に対してのみ時季指定する】
もともと、従業員の有給休暇取得率の高い会社は、一定の期間(仮に6ケ月とする)は従業員の自由に取得させ、その一定の期間が経過したときの取得日数が5日に満たないときに「時季指定させる」(この日に取得しなさい)とすることができる。
(時季を指定するときは、従業員の意見を聴取し尊重することになっている)

こちらは、労使協定が必要ないのがいいところではありますが、改革前からの年次有給休暇取得率の低い会社には適さないように思います。
一定期間後に結局取得されてなく、5日全部が時期指定になるような方が多ければ、最初から労使協定を締結し計画年休にした方がよさそうな気もしますね。

限界です。これ以上分かりません。
専門外なんでムズイです!(専門分野も実はない強がりです)

 

大企業などは、改革前から普通に計画付与しているみたいだし、通院するための休暇取得に遠慮したらいけません。
私の説明では分からなかったと思いますので、厚生労働省のリンクを上の方に貼っておきましたのでご参照ください。

私が勤めてる零細企業には、あまり実感できないような制度に思いました。

しかし、1年間で5日休んでいない人は、実際どのくらいいるのでありましょうか?
心体を悪くしますよね。

ぼやき

年次有給休暇を取得しても仕事が溜まるだけ(代わりに仕事を誰もしてくれない)だと休み明けの仕事量を休暇中に考えてしまいリフレッシュにならない。

有給休暇10日以上付与されているのに5日も取得できていない人は、そもそも職場環境が悪いでしょ!
そんな環境の中で5日も取得したら・・・。
表面の制度だけ改革いわれても現実問題は、どうなのでしょうか。

 

法律で考えると大きな話になり分かりにくいので、職場の人間関係に置き換えて考えてみます。
自分が「良かれと思ってやっていることも相手にとっては迷惑」なんてことは、良くある話です。

この働き方改革に限っては、そんなことないと思いますけどね。
くわばらくわばら。