嫌いな上司と苦手な同僚

気遣いもほどほどに

仕事をするときに「相手に対して気を使う」ことは
多少なりともあると思います。

 

人に気が使える人は、仕事ができる人が多いそうです。

確かに自分の周りを見ていてもそれは分かります。

 

ただ、私のように気を使い過ぎてしまうと
そうでもないときがあると思います。

 

相手に気を使うあまり、資料や考え方に間違いがあることに
早く気がついても、こちらから言えないのです。

 

「傷つけてしまうんじゃないか?」

「上から目線になっちゃうんじゃないか?」

と考えてしまうのです。

 

これは、気を使うといよりは臆病なのかもしれませんが
まあ似たようなものとさせてください。

 

いずれにしても、「相手に本心を言えない」と言うことなのです。

気遣いと嘘

 

本心も言い過ぎるのは良くないですが、
こんなことは、言えるようになりたいものです。

 

・自分の仕事が終わっていても、仲間が残業をしているから帰れない・・・

回避例
「家で母ちゃん待ってるんで、お先に失礼します!」とか。

「のろのろ仕事してるから残業なの?じゃ!頑張ってください」
「お先に失礼いたします!」とか。

 

・必要以上に上司の意見や雑談を聞いてしまう・・・

回避例
「武勇伝は聞き飽きました、過去はいいから会社のビジョンを聞かせてください」とか。

話の途中で「そのお話し好きですね、もう10回はきいてますよ・・・確か彼女が5人いたんでしたっけ?」とか。

 

こんな事いえれば苦労しませんよね。
失礼しました。

 

ストレスで自分がつぶれないように、
闘ったり、逃げたりして、上手に立ち振る舞いましょう。

何にしても
必要以上に気を使い過ぎることはやめましょう!