ペンタサ注腸の悩みと効果

【第014腸】

ペンタサ錠剤が効かないのでペンタサ注腸を試しました。
紹介する順番が前後してますが、ペンタサ注腸が血便や粘便を抑える効果が一番あったように思います。

ペンタサ注腸の使用方法

ペンタサ注腸は、液体の薬が入った浣腸みたいな注入器です。
ペンタサ注腸のノズル部分を肛門からゆっくりと挿入し大腸内に液体薬を注入することで直接、炎症している大腸に薬をつけることができる治療方法です。

 

おもに直腸炎型に用いられます。
(ノズルが届くところまでにしか効果を期待できない)

ペンタサ注腸の使い方

ペンタサ注腸のノズル延長カテーテルで大腸の奥まで薬が届く

私が使用していた頃は、ペンタサ注腸のノズル部分が真っすぐなものでノズル延長用カテーテルは付属されていませんでした。

 

このノズル延長用カテーテルは、薬を奥まで届けたいときに非常に有効で助かりそうです。
※私はノズル延長カテーテルを使用したことはありません。

 

昔のペンタサ注腸は、通常のノズルしかなかったので、大腸の奥の方まで薬を届かせるのが大変でした。

 

ペンタサ注腸の注入後に薬を大腸の奥まで届けたがために寝ながらお尻を上げたり思い切って逆立ちをしたりしたこともあります。

 

それが今ではペンタサ注腸の標準機能となっているのですから改良されたのですね。
これからも更なる改良に期待したいところです。

 

ペンタサ注腸を使用した理由

ペンタサ錠を服用しても効かなかったこととサラゾピリンの副作用に悩まされたからです。

参考記事:サラゾピリンの副作用に怯える毎日

 

当時の私は、ペンタサ錠剤では血便と腹痛が止まらなくドクターに診察のたび不満を口にしておりました。

そんな事を繰り返しているうちに、ドクターからペンタサ注腸を勧められたので二つ返事で試すことにしました。

 

ペンタサ注腸の箱の大きさにビックリ

薬局にいくと大きな箱を2箱渡されました。

 

まさか、こんなに大きいとは・・・くらいです。
薬局で一際目立ちます。(なにをそんな薬飲むの?みたいな感じ)

 

薬剤師の方から、使い方は箱の中に書いてあるから、しっかり読むようにとしか言われなかったけど
恥ずかしくて質問なんかできない状況でした。
(早く立ち去りたい)

 

薬局の人も注腸!注腸!いうので・・・なんか恥ずかしく慌てましたよ。

 

ペンタサ注腸を薬局で受け取るとき恥ずかしい

潰瘍性大腸炎を治すのに恥ずかしいなんて言ってられませんが実際問題、恥ずかしいです。

薬局には若い女性が多いし、薬の内容もばれてしまうので、恥ずかしい気持ちはいつもありました。

 

何回も薬局に通うと顔も知れ渡り、それがまた嫌でした。

 

薬局も「相手の顔が見えないように薬を渡すことができる特別な窓口」を作ってくれないかなーと、いつも思ってました。

 

どこかのDVDビデオ屋みたいになっちゃいますけど。
そんな気分になったのは本当です。

 

ペンタサ注腸を在庫している薬局はすくない

今度理由を書かせていただきたいと思います。
私は、いろいろあって何度か病院を転院?変えております。

その度に、大腸ファイバースコープ検査や薬局での「恥ずかしいやり取り」が発生し嫌な思いをしてきました。

 

それでも、病院を変えたくなるほど落ち込む時がくるのです。
(治らないことへの苛立ちやドクターの態度に不満になってくる)

 

でも病院を変えるということは本当に大変です。
(一時の感情表現は、経験上たいてい裏目にでるので気を付けましょう)

 

それならばとセカンドオピニオンでもいいですが、実際なかなかできなくないですか?

 

ドクターの気を悪くするのは、患者にとって恐怖そのものです。
このあたりが本当に難しい、ドクターも人間ということですよね。

 

疑われてよい気はしないのです。
(主治医を信じていればセカンドオピニオンは基本的にありえない)

 

結局、意見をいうと、そのドクターと病院とはお別れになることが多かったです。
(意見をいうと面倒くさそうにあしらわれるようになる等)

 

そんなこんなで、新しい病院に行ってペンタサ注腸を希望すると、今度はドクターが「おまえが薬の指示するな」くらいの反応をされてしまう。
(これは確かに正しいと思いますが、こちらも回り道をしたくないのでつい言ってしまう)

 

それでも、元の病院には戻れないし戻りたくないので、ドクターを必死に説得します。
そして近いうちに大腸ファイバースコープ検査を受けることを約束し、ペンタサ注腸を処方してもらう感じになります。

 

やっとの思いで、薬局に行くとペンタサ注腸は在庫されていません。
(昔の話で違っていたら申し訳ございません)

 

数日後にペンタサ注腸を受け取りに薬局へ再び行くことになります。

 

大腸ファイバースコープ検査を受けるように言われるし、本当に嫌になりますね。
(前の病院で検査したばかりと言ってもダメでした)

 

ちくしょうー!悔しいです。