効きすぎたサプリメント

40代以降に現れる体の不調

更年期とは誰にでも訪れるもので、
閉経をはさんだ前後10年間のことを指します。

 

具体的には、日本人女性の平均閉経年齢は50歳と言われているので、
40代半ばから50代半ばまでの期間が「更年期」にあたります。

 

しかし、これにも個人差があり早い方は、
30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、さまざまな不調に悩まされる人もいます。

 

【更年期の症状】

  • ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗など)
    のぼせ・発汗に効果がある お茶

  • 冷え性・手足が冷たい
  • 疲れやすい・疲労感・倦怠感
  • 頭痛・めまい・耳鳴り
  • 気持ちが落ち込む・イライラ・不安・対人恐怖
  • 不眠・寝つきが悪い・眠りが浅い
  • 頭痛・めまい・不整脈・無気力・倦怠感・対人恐怖

更年期は、一時的なので必ずまた元気になります。
自分を追い込まずに気楽に抱え込まずに乗り切りましょう!

 

治療方法

薬物療法やカウンセリング・心理療法、食事療法、運動療法などがあります。

 

この中でも、薬物療法のホルモン治療は更年期障害の症状を緩和できるとされています。
しかし、乳がんや子宮がんのリスクが高まるとされていることや、
副作用に悩まされる人がいるということに注意が必要です。

 

薬物療法を避けたい場合は、漢方療法を試すことを考えてみてください。

 

薬物療法-ホルモン補充療法(HRT)

卵巣からは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という
2種類の女性ホルモンが出ていますが、閉経を迎えると、
卵巣機能の低下により「エストロゲン」が不足してしまいます。

 

そのため「エストロゲン」を補うのが効果的になります。
「エストロゲン」を補う方法として、
一般的によく使われているのは「飲み薬」と「パッチ剤」です。

 

<パッチ剤のメリット>

飲み薬と違って肝臓の機能がよくない方でも使えるという点です。
しかし、2~3日ごとにシール状のホルモン剤を貼るので
皮膚が弱い方はかぶれたり痒くなってしまうことがあります。

 

<ホルモン補充療法の注意点>

長く続けていると乳がんのリスクが少しですが高くなることや、
薬による肝臓への影響が出る可能性があります。

ホルモン補充療法中は、定期的に子宮がん・乳がんなどの他、
一般健康診断で健康チェックをすることを忘れないようにしましょう。

 

<飲み薬>

薬は胃腸から吸収され、肝臓を通って血液中に入ります。(胃腸や肝臓に負担がかかる)
・単剤(エストロゲン、プロゲステロン)

・合剤(エストロゲンとプロゲステロンを配合)
※単剤の4~5倍の効果を期待できる

 

<貼り薬>

テープ剤を下腹部やお尻に貼る
(閉経後骨粗しょう症や性腺機能低下症などに使用する場合もある)

 

<塗り薬>

左右いずれかの大腿部か下腹部や両腕の手首から肩までの広い範囲に塗る
(決められた量や範囲を守る)

 

心理療法-漢方薬や精神薬・抗うつ薬の処方

精神神経症状が強い場合、まずはカウンセリングを行います。
※薬物療法と一緒にカウンセリングを受けることでより効果的になります。

 

更年期障害による精神症状(うつ病症状)になっているのか、
単なる「うつ病」かの判断が難しいと言われています。

 

理由は、どちらも精神症状「うつ病の症状」が似ているからです。
ですが、原因は異なっているので
適切な治療を行うためにも一度、医師に相談するのが安心です。
※まず婦人科を受診して、心療内科の治療が必要と判断されれば、紹介状を書いてくれるでしょう。

 

  • 更年期障害による精神症状(うつ病症状)は、婦人科を受診
  • うつ病は、心療内科の受診がよい。

 

<治療薬>

抗うつ薬、抗不安薬、催眠鎮静薬

 

漢方薬と副作用

ホルモン補充療法や服用する薬によっては副作用に注意が必要となります。

 

定期的ながん検診や副作用が気になる方は、
まずは漢方薬やサプリメントを試すことをおすすめします。

 

漢方薬やサプリメントで症状が抑えられれば、その方が比較的安心です。
集中力がなくなったり、昔できたことが出来なくなったとしても、
一過性なので悩む必要はありません。
エストロゲン不足に体が慣れるまでの辛抱です。

 

自分を責めずに気長にその時を待ちましょう!心配ありません。
今まで頑張ってきたのですから、更年期くらいは家族や仲間を頼りましょう!
※漢方薬も副作用がないわけではありません。

 

【効果的な漢方薬】

女性ホルモン低下による骨密度の低下

「エストロゲン」は、骨代謝に大きく関わるホルモンで、
骨からカルシウムが溶け出すのを抑制してくれています。

 

しかし加齢により、破骨細胞の働きが強まることで骨芽細胞の働きを上回ってしまうため、
骨を作るのが間に合わず骨密度が低下してしまうのです。

 

【骨代謝】
骨を作る骨芽細胞(こつがさいぼう)と骨を壊す破骨細胞(はこつさいぼう)により、常に新しい骨に作り変えられること。

結果、骨の中は粗くスカスカで骨折を起こしやすい状態となってしまいます。

 

要介護になる原因に骨折が上げられています。
骨密度が低下しているのを放置してしまうと重大なリスクを抱えていることになります。

エストロゲン減少による骨密度低下を予防する必要があります。

 

サプリメント体験記

『高麗美人』は本場韓国でも希少価値の高い、
プンギ産の高麗人参のみを贅沢に丸ごと使用しています。

 

高麗人参に含まれる注目成分サポニンをはじめ、
98種の成分で元気とキレイをサポートします。

 

高麗人参の特有の臭いが気になる方におすすめです。
臭いが抑えられており安心して毎日飲めます。

 

高麗美人は、妻が定期購入しています。

このサプリは、妻には確かに効果がありました。

 

私の妻は、
元気とやる気が湯水のごとく湧き上がってくるような明るい人です。

時には元気すぎて、
見てるこちらが疲れ果てて「もう、うるさいよ!じっとしてろ!」と言ってしまうほどです。

 

そんな妻が、ここ数か月あまり元気がなかったのです。
会話をしていると急に慌てだしたり意味不明なことを言い出したりするのです。
それと、もの忘れがひどくなりました。
(もともと大雑把なので忘れっぽい)

 

そんな妻の姿を見ていて不安になりましたが、
妻自身も調子が良くないことを自覚しており
「もしかしたら更年期かもしれない」と口走るようになってきました。

 

そしたら急に、妻が「高麗美人サプリ」を飲み始めたのです。

 

私は、「そんなもんで更年期症状が治まれば世話ないんだよ」
なんて思いながら黙ってみていました。

 

すると数日後には、「なんか調子いいかも!」と言い出したのです。

確かに、言葉に覇気があり、
なんとなく元気になったような感じが漂っています。

 

私は、「おー!」と思いながらも静観です。

 

そして1ケ月も経過する頃には、
私の些細な言葉に反応しキレるじゃありませんか!

 

皆さんは、「なんだよ!イラついてるじゃんか!」

 

「効果ないね」と思ってしまうでしょうが、これが妻の本来の姿なのです。

 

高麗美人のおかげでキレる元気が戻ったのです。
※妻の場合は、落ち込む方向に更年期症状がでていました。

 

私とすると、
微妙な心境ですが妻が少し元気を取り戻し嬉しく思っております。

今後、家事を手伝ったりして妻をサポートしなくてはいけないのだと思いました。

 

更年期症状に心当たりがある方は、
一度お試しいただくといいかもしれませんというお話です。

 

体に合わなければ飲むのを止めればいいだけなので、軽い気持ちでいきましょう。
つらい症状を和らげることが出来る可能性があるかもなのでチャレンジです。

 

家族からプレゼントするのもお勧めです。
なかなか自分では、購入しないかもしれません。

 

ただ、渡すときは注意が必要です。

 

「なに!更年期扱いするの?」と喧嘩にならないように、
「美容や肌荒れにもいいらしいぞ!」なんてさりげなく渡してみてくださいね。

 

高麗美人をみてみる。