慢性的な病気を治療する理由で会社を休むと?

【第020腸】

病院に定期的に通うようになると、気になるのは会社です。
上司に病気のことを伝えるか迷いますが、病気ということを告げずに、ただ頻繁に休むと「こいつ使えないな」となるし、困ったのもです。

 

上司の性格や会社方針を考えながら、病気を伝えるべきか考えるとしますか・・・
会社方針も大事ですけど直属の上司に嫌われるとキツイですよね。

慢性的な病気で定期的に会社を休み続けると?

慢性的な病気には欠かせない通院と、どう付き合っていくべきか?
私には、申し訳ございませんが答えが分かりません。

 

そんな訳で愚痴しか書いてありません。
私の勝手な思い込みや考えが書いてあるだけです。

 

「お前の愚痴なんかに付き合ってられるか!」

 

と、おっしゃらずに読んでいただけたら嬉しいです。

勤務先の仮設定社名:株式会社MOKIRO

就業日:月曜日から金曜日

就業時間:8:00から17:00

有給休暇:12日

こんな条件で、月曜日から金曜日の午前中だけしか診察しない病院に通うと、どんな問題点があるのでしょうか。

【重要】そもそも、平日に所定休日がある会社にお勤めの方は、問題になりませんでしたね。

 
  • 診察や薬のために定期的に会社を休まなければならない
  • 有給休暇のほとんどが通院でなくなる
  • 定期的に休む必要があるため病院以外の休暇を使いにくくなる
    (大事に有給休暇つかう)

  • 定期的に休むので会社や仲間に怪しまれる
    (いつも水曜日休むけどデート?なんて嫌がらせジャブをもらう)

  • 上司から休暇の理由を聞かれると嘘をつくようになる
    (病気を隠す場合)

  • 配置転換のリスクを高めてしまう
    (やれるもんなら、やってみろ!!・・・本当はこわい)

  • 昇給や賞与の考課査定に影響する可能性がある
    (私は、ここに執着はない)

  • 仲間から嫌われる原因の一つになってしまう可能性がある
    (仕事がやりにくくなるので嫌われたくない)

  • 重要な仕事を任せてもらえなくなる
    (存在感下がる・・・むしろ嬉しい)

  • 休むタイミングや理由によってはクビの可能性もある
    (収入なくなるのは困る)

他にも問題点あると思いますがあしからず。

しかし、書いていると自分は「ろくでなし」なんだなーと、しみじみ思います。
なんにしましても会社の現状を維持しながらの通院は、なかなかハードルが高そうですね。

 

通院を続けるには会社からの理解と協力があれば助かる

病院に通うためには、お金や健康保険証が必要になります。

 

お金がなければ病気も治すことができないのです。
(自己治癒力で治る病気は別です)

 

病院にいけばドクターが心配してくれますが、お金を払うことが前提になっているので心配してくれるだけです。
道端で倒れている人を無償で助けるドクターが、世の中にどれだけいるでしょうか?

 

設備使用料や薬代を病人に代わり払ってくれるドクターが・・・
もしかしたら知識は無償でくれるにしても、病院代や薬代を払ってくれるドクターは、まずいないでしょう。

 

こればドクターに限らず世界広しといえど、なかなかお目にかかれないでしょう。
(あしながおじさんくらい)

 

ドクターも、私たちと同じで仕事をしているだけなのですから。

 

仕事の対価としてお金をいただいて生活している。
私たちと同じことなのです。

 

ただ、人の命に係わる重要な仕事という違いはありますけど。

 

それだけにドクターには、気を付けていただきたいです。
命のためだと、病気を治すためだと、なんでも理由にしてしまい傲慢になってしまうことに。
(患者さんを治療するということに愛をもっていただきたい)

 

以下は、mokiroの勝手(妄想)なドクターとのやり取りです。

 

おまえ生意気だな!
同じ仕事だというなら、テメェも愛をもって仕事してるんだろうな!
申し訳ございません。
私は仕事が嫌いです。
でも任されたことには逃げずに責任を持つようにはしております。
愛をもってるかは分かりませんけど・・・ね。

ただ病院のドクターには、特に特に愛を持っていただきたいのです。
これは、患者さん全員の願いではないでしょうか。

絶対的な立場に付け込んで、愛を忘れてもらいたくないのです。
私たちには、ドクターしか頼れないのです。

人の命に係わる仕事・・・崇高な仕事です。
私には、とてもできません。(比較対象すら失礼になってしまう)

精神病、潰瘍性大腸炎などの病気を経験して共通して感じたことは、ドクターから愛を感じられないことです。

ドクターもドクターの前に人間ですので、分かりますが・・・

もっと、頼れるドクターが増えていただきたいのは、心からの願いであります。

 

 

患者さんからみたドクターは、命を預ける人ですからドクターに嫌われたくありません。
ですから本当の意見を言えないときがあります。

 

ちょっと意見をいえば、強い口調で言い返されたりしてしまいます。

 

正直、怖いです。
(こんな思いを患者にさせてしまったらならないと思います)

 

 

インテリ女医に意見を言うと最後は無視される

関連記事:転院後の担当医はインテリ女医だった

前回の気になる質問の結果です。

 

仕事の休暇を気にするな!
と、おっしゃいますが・・・
ドクター?無理して会社を休んでクビになったらどうしましょう?
配置転換も嫌ですよ!新しい人間関係がストレスになって、更に潰瘍性大腸炎が悪化するかも知れませんし・・・

なにしろ収入がなくなってしまうと病院に来れなくなってしまうと思いますが・・・
それでも休暇を気にしたらいけないのでしょうか。
そこまで治療を優先しないといけないところまで悪化しているのでしょうか?
私は。

 
なにいってるの!
それは、あなたが決めることでしょ!

私は潰瘍性大腸炎を治したいなら、治療に専念するべきだと言ってるだけよ。

嫌なら来なければいいし、他の病院だってあるじゃない!

 
今日、会社を休んでこの病院に来ているわけで、ここで治療したいですよ。

この病院で治療に対して融通してくれるとかできないのでしょうか。
いいえ融通してくださいというわけではなく。
ちょっと言い方かキツく感じてしまうのですが・・・(カチンときた)

治らない病気だとか、大変だ!とかおっしゃるから焦ってしまうんですよ!!!

こっちも!治したいから必死です。(ドクターを気遣う余裕なし)

 
それは無理ですね。
あなた自分の病気のことも調べないでいて、そんなとこだけよく言うわね。

分かりました。
前の病院でもらってた薬は何でしたっけ?

同じものを出しますから、大腸内視鏡検査は都合の良い時にしましょう。
それと本を貸してあげるから、しっかり読んできてください。

 
あれ?早くも見捨てられてしまったのでしょうか。
私もドクターと同じで言いすぎたのでしょうか。不安になります。

前の病院では、リンデロン座薬とペンタサ錠剤をいただいてました。
すみません。よろしくお願いいたします。

 
うーん?私が悪かったのだろうか?
分かりません。
 
ちょっとドクターテンション下がりました。(悪いことをしてしまったような)
 
でも、同じ事を言うにも言い方は大事だと思います。
特にドクターにもなるとなおのことです。
 
ちょっと反省もしたmokiroでした。
私も自分を見つめなおす必要がありそうです。